2007年 08月 24日 ( 1 )

*あこがれの地へ*

私があこがれ続けていた温泉。
f0098680_2101940.jpgそれは大分県にありました。

ラムネ温泉で有名な長湯温泉と洞窟風呂のある壁湯温泉

この2つはどうしても行ってみたかったところ。

長湯温泉では「ラムネ温泉」を持つ大丸旅館
壁湯では、お米まで作っている福元屋へ泊まりました。

お湯、お風呂、食事、雰囲気、心遣い、周りの自然と空気。。f0098680_2124356.jpg
全てが最高で、言葉もありません。

帰りたくなかった・・・。

ラムネ温泉は、炭酸泉のため、入ると体中に気泡がビッシリ。
とっても細かい気泡なので、全身ラメラメタイツ着てるみたいに!
ぬるめなのですが、さすがにじんわり温まってくる感覚。

f0098680_215584.jpg
f0098680_2174356.jpg
建物も本当にステキで、大丸旅館のおかみさんのご配慮で
貸切風呂にも入れて、ゆっくりあこがれのお湯を堪能してきました。

ラムネ温泉マークは南伸坊さん。
通りのあちこちに与謝野鉄幹・晶子や山頭火などの碑が立っています。
川端康成のものも多くあって、宿のとなりのカフェは「川端屋」。
温泉糖をいれて、おいしいコーヒーをいただきました。
f0098680_2184181.jpg
f0098680_21103982.jpg

壁湯温泉福元屋の内湯は
すべて家族風呂で貸切で入れ、
豊富な湯量の源泉かけ流しは、
ゆっくり疲れを癒してくれました。

洞窟風呂は川岸にあって、混浴。
でもバスタオルをしてもいいので
安心して入れます。
ここは台風の後など、川の水が入り込んでしまうらしいのですが
あまりに湯量が豊富なので、あっという間に澄んでしまうのだとか。

どちらも山の宿なので、
食事のメインは豊後牛や馬刺し、鮎、ヤマメ。f0098680_21134592.jpg
新鮮でやわらかくて、本当においしかった。
福元屋のお米はおひつを開けた瞬間から輝いていて
そのおいしさといったら!夜も朝ももちろんおかわり。

癒されすぎて、帰りたくなくなり
しかし、このままいたら、帰れなくなると思い

「また必ず来ます」とつぶやいて

あこがれの温泉をあとにしました。
by orangetoko | 2007-08-24 21:17 | ☆ Special cafe