*血糖値の悲劇*

4月からはじめての車通勤しています。
ずーっとずっと電車通勤、通学だった私が車通勤にあこがれていたのは
車の中で時間を有効に使うことができる?って思ってたことと
人目を気にせず、食べられる?ってこと。

血糖値が下がり気味の私は、帰り道よく駅で震えがきました。 ^^;
電車だとお腹すいててもムシャムシャ食べられないし。
どこかに寄って何か食べてると、結局何本も電車のがしちゃったり。
結果、キオスクで1粒ずつになっているチョコを買って何とかしのいでました。

f0098680_1725774.jpg
昨日は帰りにシャンベルタンのシュークリームをいただきました。

疲れてすっかり血糖値が下がっていた私は
シュークリームなら運転していても何とか食べられるだろうと
赤信号で箱をあけると、なんとプリンがドカンとのったシュークリーム!
しかもどこを探してもスプーンが付いていない!!

だけど、ここは車じゃないですか?密室ではないですか?
そして幸いに同乗者もいません。

f0098680_1763322.jpg
そこで私は今まで開けたこともないような大きな口を開けて、
「エイヤ!」とばかりにプリン部分に思い切りかぶりつきました。
人間の本能ってすごいですね。

しかし、愛車のマテちゃんはこんなときも左ハンドル。
そして右折したい私は右車線に入っていました。
左車線、右ハンドルの運転手さんの顔は
ガラス越しのすぐそばに・・・。
まるで雪山で遭難した人のようにプリンにかぶりつく私を
冷たい視線が刺しました。
そして青になり、すれ違う対向車の視線また視線の嵐。

皆さん、車の中は決して密室じゃないんですね。
血糖値の低下には充分気をつけましょう・・・。

でも苦労して食べたプリンシュークリーム、本当においしかったです・・・。
by orangetoko | 2006-06-10 22:05 | ★ Dairy cafe