カテゴリ:☆ Spice cafe( 99 )

*すべらない話*

U字工事の益子さん、がんばったね!

やはり「すべらない話」はキンチョーするだろうなあ。

松ちゃんや、ベテラン陣の中で
最近はやたらと豪華な芸能人が見守る(?)中で
「すべらない」ってすごいワ。

栃木県民としては
やっぱり高木美保さんがいてくれて
益子さんも心強いだろうと
TV見ている方も心強かったんだけど(笑)

MPSこそとれなかったものの
笑わせてもらいました。

確かにほっしゃんの「ガス代」はMPSだね!
by orangetoko | 2009-06-28 00:53 | ☆ Spice cafe

*人面虫*

車に乗ろうとしたら
ドアにこんな虫が!

色からしてギョッとしたのですがf0098680_16335044.jpg

まさに人面虫!?

羽の模様が人の顔に見えますよねー。

携帯で思わずパシャっと撮ったら
その音にビックリして逃げていきました。

この顔、笑顔ですよね(^^)
by orangetoko | 2009-06-21 16:34 | ☆ Spice cafe

*誕生日と結婚*

先週末、友達の誕生日を祝って
f0098680_23163252.jpg久しぶりに元気あっぷ村へ。

ここの中華は本当においしいです。

温泉も清潔で大好きだけど
大抵温泉にも入るけど
中華だけ食べにきたりもします。

こんな田舎に、温泉なのに
こんなおいしい中華!ってみんな驚きます。

f0098680_23165019.jpgそして、キリンの工場直送ビールが
その味をますます引き立てる!

今回も間違いなくおいしかった。

杏仁豆腐もいつもながら
丼一杯食べられるおいしさ
(↑一度食べてみたい)でした。

まだ授乳中の友達も、アルコール0.00%、話題の「FREEで」乾杯。
伊達さんの「試合中でもFREE」のCMもいいけど
「授乳中でもFREE」ってものイケるよね!って話してました。

その時も、ただ一人独身の私の結婚の話にもなったんだけど
今日は、先日の松ちゃんに引き続き、ホリケンの結婚のニュース!
最近ようやくホリケンの面白さに気付いた矢先の出来事。
・・・だからなんだってわけじゃないけど^^;

それにしても、松ちゃんにしてもホリケンにしても
19歳下とか17歳下とか・・・いいよなあ~。

男の人っていくつになっても若い嫁をもらえて・・・。

そこかいっ
by orangetoko | 2009-05-26 23:19 | ☆ Spice cafe

*映画と海ぶどう*

『余命1ケ月の花嫁』観てきました。


私の周りには乳がんを患ってる人も
他のがんを患っている人もいるので
いろんなことを考えながら観ました。

このドキュメンタリーも観ていたし
どんな風に映画にするんだろうって思っていたけれど
映画にしたことで、映画だからこそ
伝わるものもやっぱりあるのだろうと感じました。

ドキュメンタリーをなぞるだけなら
リアリティーを追求するだけなら
映画にする必要はないのだし。

全然違うけど
自分が2ヵ月半、ほとんど歩けず
入院していた時のことを思い出しました。

外の空気を思いっきり吸いたいな
青空を見上げたいな
風にあたりたいな・・・
そんなことを考えていた日々。

友人や家族の
あたたかい気持ちに
支えられた日々。

当たり前のことが、本当は全然当たり前なんかじゃないんだって。
すべてのことに感謝の気持ちでいっぱいだった。
その気持ちをまた思い出させてくれました。


キャスティングもよかったです。
特に瑛太と柄本明の演技には泣かされました。
JUJUの歌もとっても良かったです。f0098680_002384.jpg



映画の中では屋久島が出てきて
屋久島行ってみたいねーって話しながら
帰りは沖縄料理を食べてきました。
(↑ちょっと近いしね?)

沖縄料理は大好きで
よく食べに行くんだけど
海ぶどうは初めて食べました。
食感がいい!
by orangetoko | 2009-05-17 00:22 | ☆ Spice cafe

①『40 翼ふたたび』 石田衣良/著。

『4TEEN』(フォーティーン)で直木賞を受賞した石田衣良さんの『40』(フォーティー)。

まさに40歳を迎えた人々のそれぞれの物語。f0098680_1942792.jpg

小説らしい小説でした。
ドラマ化でもされそうなお話。
現代を反映して設定されているけれど
ちょっとバブルのニオイがする
バブル世代の40歳の話。
ヒネリとか意外性とか落とし穴がないので
ちょっと物足りなさも感じつつ、
安心して読める本。


②『ディスカスの飼い方』 大崎善生/著

マニアの多い男子にはかなりハマルお話かも。f0098680_19423373.jpg

ペットを飼うことや何かに猛烈にのめりこむことも少ない私も
かなりおもしろく読みました。
なにを突き詰めていくことの好きな男子には
たまらないのでは?

恋よりも仕事よりも魚。
ここまで来るとディスカスという生き物は
「魚」と表現してはいけないのかも?とさえ思う。
深い!お話でした。おもしろかった。

アラフォー男子との接点はそれほどないこの頃ですが
きっとこの世代に元気をくれる2冊だと思います。
by orangetoko | 2009-03-15 19:43 | ☆ Spice cafe

*空に唄う*

『野ブタ。をプロデュース』
で、大ブレイクの白岩玄さんの2作目。f0098680_16342453.jpg

『野ブタ。をプロデュース』は
芥川賞の候補作にもなり
ドラマ化前に読んでいたので
ドラマは大分本とはかけ離れていて
全くの別物として楽しみました。

だって「野ブタ」が男か女かの違いは大きいよね。

でも、修二と彰も、堀北真希ちゃんも
あれはあれで良かったけど。
歌も売れたよねー。

白岩玄さんは、1983年生まれ。若い!
新進気鋭の作家さん。

野ブタ。と同じように
とってもポップで若々しいながら
それがイヤミじゃなく
年齢関係なく物語のなかにスーッと入っていける感じ。
引き込まれていく感じ。

ページを開いたら
どうなるんだろう?って
一気に読んでしまった。

とってもさわやかな
素敵な物語でした。
by orangetoko | 2009-03-12 21:31 | ☆ Spice cafe

*GO!トチギ*

最近、栃木が熱い!って思うのは地元民だけ?(・・?
でも、とっても地味で恥ずかしがり屋の多い栃木が
少しずつ知名度を上げだしたのが嬉しい・・・。

だってついこの前まで日本一マイナー県だったんだもんね。
あ、ごめんなさい、今も?(自覚が足りない?)

一番の効果はお笑いの人たちの頑張りかしら?

ニューたっち(キャラ変わった「たっち」ね)
U字工事
森三中の大島さんもがんばってるし。

マイナー県栃木を盛り上げてくれて嬉しいなあ。

いちご・餃子・日光・那須のほかにも
たーくさんいいところあるもんね。

ようやくスポーツも盛り上がりだしたし。

女子マラソンの大阪独占3人娘(渋井・赤羽・原選手)
ブレックス・栃木SC・アイスバックス
がんばれ~


栃木にも春が来た?
by orangetoko | 2009-03-07 10:31 | ☆ Spice cafe

ご存知、内館牧子さんの
エッセイ『内館牧子の艶談・縁談・怨談』(潮出版社)。

タイトルだけ見るとなんとも
女のドロドロ感を感じ
内館さん脚本のドラマ『想い出にかわるまで』
f0098680_21431499.jpgを思い出してしまいそうだけど

これは「えん」と読むたくさんの漢字をテーマに
一つ一つの「えん」にまつわるエッセイ集。

例えば、このタイトルの3つの「えん」のほかにも
宴・演・煙・円・塩・鉛・燕・淵・延・園・猿・・・と
本当にたくさーんの「えん」があるものです。

付箋が貼ってあるのは
「なるほど!」と思った部分。

例えば・・・「淵(えん)」。
ここでは、「崖っ淵で戦う男」を取り上げ
小泉元首相をあげています。
小泉元首相の女性人気は
家庭のニオイを全くさせない
崖っ淵感にあったと。
崖っ淵で戦う男を演出するにあたって
大事なのは「安らぎの場を見せないこと」。

スポーツ選手が「妻や子どものためにがんばりました」というのは
百害あって、一利なし。
そんなことは表で言わずに家に帰って言えばいいこと、と。
賢い妻は「安らぐ家庭を匂わせない」ように夫をプロデュースするのだそうだ。

一理あり・・・かな?
by orangetoko | 2009-02-25 21:46 | ☆ Spice cafe

息もつかずに読みふけってしまった。
何度も何度も涙が溢れ出した。

『なぜ君は絶望と闘えたのか
      本村洋の3300日 』(門田隆将/著)f0098680_16372.jpg

日本中を震撼させた光市母子殺害事件。
何度も流されたニュース。
裁判の様子。
本村さんの会見。
その3300日の記録。

私は大きな事件に関する本が出ると
必ず読むようにしている。
読みたいと思う。

被害者の本・加害者の本
裁判の記録・ルポ

やはり読んでおくべきだと思うから。
知っておかなければいけないと思うから。

耳をふさぎたくなるようなこと
目を覆いたくなるような真実
辛く、悔しく、悲しい現実。

でも、やはりちゃんと聞いて、見て、
読んで、知っておかなければいけないと思うのです。

5月からは裁判員制度も始まる。

日本人として、人間として
たくさんの人に読んでほしい本です。
by orangetoko | 2009-02-22 01:07 | ☆ Spice cafe

*上善如水*

先週、美容院の帰りに
Tデパートの「新潟・長野物産展」へ寄りました。

物産展へ行くのも久しぶり。

そしてやっぱり血が騒ぐ。

物産展って何て魅力的なんでしょ。

デパート勤務だった時は
休み時間に物産展を覘くのが
本当に楽しみだった。

特に普段は食べられないようなアツアツ名物。

九州物産展の梅が枝餅とか
浅草のいもきんつばとか
あったかい出来立てを買って休憩室で食べたり。

その土地土地から来た人たちが
売っているから、話すのも楽しい。

新潟・長野物産展では
うろうろしていると
「食べて食べて」って
どんどん進めてくれて
どれもこれもおいしくって。

結局よく行く居酒屋さんで
出してくれて、おいしかった
f0098680_0101252.jpg「栃尾あげ」を購入。

そして新潟といえば、やっぱりお酒。
越の寒梅、久保田、八海山・・・銘酒は数々あれど
想い出の「上善如水」の売り場へ。
私が初めて飲んで、おいしいと思った日本酒が
この「上善如水」。
水のようにサラサラ、すーっと入ってくる。
まずいことに(?)
これで日本酒のおいしさを知ってしまった。

今回は新米新酒の「上善如水」を購入。

栃尾あげは、こんがりと焼いて
きざみネギをたっぷりのせていただきました。
最高!
本当は「上善如水」と一緒にいただきたかったけど
その夜は飲めない母と二人だったので
飲める人のいるときに開けたいと思います。

時間を忘れる魅惑の物産展でした。
by orangetoko | 2009-02-03 00:21 | ☆ Spice cafe